「命がけでやっていますか?」


東池袋の都電停留所近くの事務所で、
たった3人でスタートしたアオバは、
良い製品と良いお客様に恵まれ、社員も10名を超えました。

白井社長の
「50歳を超えたら世のため人のためになる仕事がしたい」
という思いが、こんな社是を生み出しました。

「宇宙・地球・人間の調和を考えます」

この言葉が引き寄せたかのように船井先生との出会いがあり、
足立幸子先生との出会いにつながりました。

とても悲しいことに、
幸子先生とアオバの出会いがあって、1年弱で
突然のお別れが来てしまいました。

幸子先生が、この世での役割を終えて、
宇宙に帰ってしまわれたのです。

私自身は1年弱で数回しかお会いできませんでしたが、
白井社長夫妻はもっと深いコミュニケーションをとっていました。

機会があれば白井社長からインタビューの形で
いろいろお話を聞いてみたいと思っています。

前に白井社長による「波動経営」への取り組みについて書きましたが、
幸子先生ご自身は「波動経営」という言葉はお使いにならず、
白井社長が自身の決心を表す言葉として使っていたと思い出しました。

このブログを書き始めて真っ先に思い出したのが、
実は足立幸子先生のことです。

その後、何かを考えてほっと一息ついたときや、
電車に乗っているとき、お風呂に入っているときまで、
なぜか幸子先生のお顔が浮かんできます。

つい先日、
お兄様である形態波動エネルギー研究所の所長
「足立育朗」先生にお会いしたとき、
そのことをポツリと話したら、

「幸子は最近いろいろな人のところに現れてサポートしているようです」

と仰いました。

ドキッとしました。

33年アオバとともに過ごすことができました。
良い時も大変な時期も経験させていただき、
無事に暮しをたて、何とか元気に過ごしています。

でも、自身がやるべきことを本気でやっているかとの問いかけには、
残念ながらYESと言えないのです。

一人でも多くの方に、SODとPQPを通じて真の健康をお届けする
ということが私の役割と気づいたのに、
足立所長が繰り返しお話になる

「命がけでやっていますか?」

の問いかけに、
「命かけていない」とうつむいています。

もしかして幸子先生は

「気づいたら行動しなさい。動き出さなければ何も変わらないのよ」

と私の背中を押しに来てくださっているのかもしれません。

2 Comments

  1. 美恵子さんお元気でらっしゃいますでしょうか?町田さん、小林清香さんからの角野まゆみでございます。

    覚えてらっしゃいますでしょうか?

    訳あり色々スピリチュアルな事やアオバさんから遠ざかっておりました。

    最近思うことあり、波動の法則を読み、あべ
    アオバのホームページを開けたさい、この

    ブログが目に入りました。

    世の中の為、行ってない
    とはっとさせられました。

    お会いしたいな、と、思っております

    1. 角野さんコメントありがとうございます!
      ドクターセルフチェックにも来ていただいたことありますよね。
      私もお会いしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です