涙が流れ続けて止まらなかった


精神世界や見えないエネルギーについて、
真の学びをしたいのならこの人に会ったらよいと、
丹羽博士は、白井社長と船井幸雄先生を引き合わせてくださいました。

船井幸雄先生は経営コンサルタントですが、
経営者こそ、宇宙に遍在するエネルギーを味方につけるべきとの考えのもと、
数多の著書を出版、又セミナー開催を行っていらっしゃいました。
私自身も3日間25万円の「経営戦略セミナー」を受けたことがあります。

特に、船井先生が直々に担当された「直観力seminar」は
大人気で白井社長が希望しても
入会順番待ちになるという状況だったそうです。

東池袋にあったアオバからほど近い
高級住宅地文京区関口台町に
フォーシーズンホテル(現在のホテル椿山荘)の
ホテル棟がオープンしたとき、
それは立派な国際会議室もお披露目されました。
階段状の半円形会議場で、
席に一つずつその時代にはまだ珍しいモニターと、
ライトやマイクがセットされていました。

この会議室のこけら落としで
船井総研が「直観力セミナー」を開催し、
講師が足立幸子先生だったわけです。

白井社長夫妻が受講していましたが、
その時のお話で印象深かったのは、
足立幸子先生は淡々とお話される方で、
人の感情に迫ってくる方ではなかったとのことですが、
講演を聞いている白井社長は
なぜだか涙が流れ続けて止まらなかったということです。

その頃私も少し学ばせていただいて感じることがあったのですが、
初対面の人なのになぜか会った瞬間懐かしいと思う時や、
すぐに意気投合して昔からの友人のように感じる人って確かにいるのです。
白井社長と幸子先生は、きっと魂同士がずっと縁があって、
何かを共に実践する役割があったから出会ってしまったのでしょうね。

出会いに偶然はなくて、
起きることもすべて意味があって起きているのですよと、
その後幸子先生が繰り返し口にされました。
この世で起きることは全て必要・必然・ベストで公平。
これは船井先生がおっしゃっていた言葉です。
こういうことを知るだけでも、日々起きることに対する、
対処の仕方が変わってきたように思います。

現実しか見ない認めない思考回路だった私にとって、
これはとても貴重な体験で、
今でも幸子先生には深く感謝しています。

1 Comment

  1. 美恵子さんこんにちは^_^blog、スタートされたのですね。次回も楽しみにしています。

    足立幸子さん、一体どんな方だったのでしょう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です