起きることはすべて意味があり必然


33年前、たった3人でスタートしたアオバですが、
サポートしてくださる方たちや、
製品を購入し、
更に新しいお客様をご紹介してくださる会員様のおかげで、
急成長していきました。

ありがたいことに、3ヶ月もたたないうちに、
1か月の売り上げは3,000万円に達するようになりました。

出荷業務に伴う伝票や売上帳はすべて手書き、
毎月お支払いするコミッションの計算は、
パソコンがないので手計算でしたから、
間違いが起きてお客様に平謝りすることもたびたびおきました。

ほかにも説明会の開催や集客、
丹羽博士講演会の設定と運営などなど、
3人では処理できず新しいスタッフを次々に迎え入れました。













優しく指導するゆとりもない当時の私は、
さながら昔話に出てくる、
包丁を持って「ごんぞう」を追いかける
山姥(やまんば)のごとき形相だったことでしょう。

半年でスタッフは10名になり、
机を3つだけ借りていたはずの間借り事務所を徐々に侵略し、
すべてのスペースをお借りすることになったのです。

忙しくても、この仕事をすることで誰かが元気になって、
笑顔を浮かべていると考えるのは、
とても幸せなことでした。

出荷ミスや、計算間違いでお客様にご迷惑をおかけしましたが、
そのお客様とはその後、
家族以上のお付き合いをさせていただくことになり、
世の中で起きることはすべて意味があり必然なのだと学びました。

最近は人間は何のために生まれ、
何のために生きているのだろうと意識していますが、
33年前はただ夢中で日々を過ごしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です