何しろお金がなかった

アオバのスタート時、
何もない状態から会社を作るのですから、
やることがたくさんあります。
忙しいことはかまわないのですが、
何しろお金がなかったのです。


白井社長はアオバスタート以前、
通販会社に製品を紹介し、
通販冊子で紹介してもらい、
消費者に買っていただくという、
卸売りの会社を事実上の経営者として運営していました。


2度の倒産の後ですから、
この卸売会社も実態は債権者が管理していましたが、
この頃から私は白井社長ご夫妻にご縁をいただき、
この会社に勤務をしておりました。
白井社長の時代を読む目の正しさから、
通販会社に紹介した製品が次々と大当たりして、
債権者にはかなりの利益を
還元しているのをこの目で見てきました。

ところが、
丹羽耕三博士(この頃は丹羽靭負博士)との出会いをきっかけに、
白井社長が日ごろから口にしていた、
「50歳を過ぎたら世のため人のためになる仕事をする」
という熱い思いに更に火がついてしまいました。
真っ黒けの利益体質の会社と、
大当たりしている通販製品を債権者の下において、
又裸一貫で飛び出してしまったのです。

これは私自身にとってもかけでした。
最初の結婚に失敗し、
小学生の子供2人を抱えるシングルマザーである私にとって、
曲りなりにも生活を支えている会社を飛び出して、
新しい世界を自ら作り上げなければ、
親子で路頭に迷うという人生の分かれ道です。
不思議と、大きな不安はありませんでした。














ここで、たった3人で新しい会社を立ち上げる、
それも丹羽耕三博士という偉大な存在と、
白井社長の夢、
そこで自分自身も何かができるということに恐れよりも、
ワクワクが大きかったのでした。
怖いもの知らずの若さの特権であったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です