たった3人でのスタート

アオバが今年で創業33年目、
気が付けばずいぶん長い月日が流れました。

「初心忘れず」と言葉ではよく言うけど、
アオバの初心って何だったろう、
そして私自身はその時どんな気持ちだったろうか、
と思うことが増えてきたので、
この辺で文章にしておいてみます。
ご興味のある方、付き合ってください。


アオバスタートの時、
白井社長は49歳、
私は35歳、
もう一人営業を担当するために仲間になってくれたのが
鈴木圭一さんで(私たちは圭ちゃんと呼んでいました)
当時28歳の若さでした。
アオバはこの3名で、東池袋の都電停留所の近くで

「株式会社 抗酸化食品普及協会」

という舌をかみそうな名前でのスタートしたのです。


「活性酸素を大量に発生させるプロ」だった私


今でこそ、予防医療が大切とか、
元気で長生きするためになどと
偉そうに講演活動などを行っていますが、
その頃の私は今思えば
「活性酸素を大量に発生させるプロ」だったようです。

ソーセージとポテトでビールを飲むのが最高と思い、
スポーツは体に良いと信じ込んで
週に5回もエアロビクスやバドミントンで汗をながしていました。
自分は健康と過信していましたから、
子育て、スポーツ、仕事と、
短い睡眠時間でよく働き、よく動き回っていました。

前列右から2番目が私です















丹羽耕三博士が講演で

「バランスの良い食事
 充分な睡眠
 適度な運動
 過労ストレスをさける。

これができなかったら、
どんなに効く薬を探しても健康にはなれない」

とおっしゃっていました。


それを体で知らされる事件が程なくして私の身にもおきました。
それは又後ほどお話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です